地域型企業がホームページを制作するべき4つの理由

ホームページ(WEBページ)は全国、更には全世界に情報を発信できるツールですが、ビジネスエリアを限定している場合でも十分な効果を発揮しますし、むしろ成果を出し易くなります。この記事では弊社で考える地域密着型の企業がホームページを持つべき4つの理由を解説いたします。

地域型企業がホームページを持つべき理由
  • 競合に対して優位に立てる
  • SNSとの相性が抜群にいい
  • 制作とメンテナンスコストが安い
  • 求人がはかど

順を追って詳しくみていきましょう。

競合に対して優位に立てる


シンプルかつ最も重要なポイントとして、ホームページを持ち、定期的に更新している企業はビジネスエリアを限定している企業ほど少ない傾向があります。これは実際に地域型の中小規模な競合企業や美容院・レストラン・居酒屋・病院などのホームページを探してみるとお分かり頂けると思います。
しかし売り手側のホームページが不十分であっても買い手は情報を求めてホームページを探しますので、定期的に更新するだけで簡単に競争優位を得ることができるのです。

お客様がホームページを探す理由はこちら


SNSとの相性が抜群にいい


地域とのつながりが強ければ強いほど、以下2つの理由でSNSの発信が高い効果を発揮します。

地域型企業のSNSが強い理由
・地元ネタを発信し易く投稿難易度が低い
・地元ネタは地元外の人からも興味をもってもらえる

SNSでの成功はホームページを経由した集客の成功にも直結しますので、SNSでの発信をし易い地域型企業様にはぜひチャレンジして頂きたいと思います。

SNSを活用したマーケティングの重要性はこちら


制作とメンテナンスコストが安い


ホームページは事業規模に見合ったコストで制作して運用すべきです。ここで陥りやすい落とし穴は、つい大企業のお金をかけたホームページをイメージしてしまい、「自分たちには無理だ」と思ってしまうことです。しかし、実際に高いコストをかけて充実させてホームページが必要な場合はそう多くありません。ホームページは制作にかけた費用の分だけ維持コストもかかりますので、競合優位が得られかつ維持更新できる最適な規模のホームページを制作すればおのずと費用も見合った金額に抑えることができます。

求人がはかどる


多くの方が人材不足に悩んでいる事と思いますが、実はお客様以上に求人募集に申し込みをしてくる人こそ切実に情報を求めています。この傾向は優秀な人材ほど強く、「失敗したくない」という心理からどの募集ルートからであろうと面接前に情報を求めてホームページや口コミを検索します。
こうした時にホームページがあると無いとでは大きな差となります。職場の雰囲気を発信する事で未来の同僚に対しても安心感を与える事ができるのもホームページを持つ事のメリットです。

まとめ


地域密着型の企業にとってホームページは低コストで制作と運用が可能、かつ最低限の更新を続けるだけで競合に対して集客と求人の面で優位を得ることができます。情報があふれている現代だからこそ人は自然と情報を求めてしまうもので、その時に提供できる情報があるかどうかでビジネスの成否は大きく変わります。

Komi's factoryではこうしたWEBマーケティングに積極的に取り組みたい企業や個人をサポートするサービスを取り揃えております。目的と維持コストに見合ったページ制作を一緒に考えさせていただきますので、ぜひお気軽にお問合せください。