美容院がホームページ制作で成功するための6つのコツ

独自のWEB集客を始めたいと考えている美容院の店舗様にとって、取り掛かりとなるホームページをどの様に制作したらいいかは悩むポイントだと思います。この記事では新たにWEB集客を始めようとしている、又は今あるホームページを更に活用したいと考えている方にむけて、マーケティング目線で弊社でお勧めしている制作の際に盛り込むべき6つのポイントを紹介します。

美容院のホームページ制作ですべきこと
  • 写真や動画で店内の雰囲気を伝える
  • スタッフの紹介
  • カットモデルの写真
  • 最寄り駅や地名は必ずキーワードに設定する
  • 物販機能を付ける
  • 得意分野の記事を書く

順を追って詳しくみていきましょう。

写真や動画で店内の雰囲気を伝える



美容院のホームページ制作で私が最も大切だと考えている点は2つあり、その1つが写真や動画による店内の紹介です。美容院に来店するお客様は単に長く伸びた髪を切りたいだけではなく"おしゃれになりたい"ために美容院を選びます。ではどこを見て良し悪しを判断するかというと、まず重要になるのが店舗内部の雰囲気です。動画でも写真でも構いませんので店舗の雰囲気を視覚的に伝えられるコンテンツを準備する事は重要で、場合によってはプロのカメラマンに依頼して写真を撮ってもらう事も検討すべきだと思います。

スタッフの紹介


最も重要だと考える2つめはスタッフの紹介です。簡単に言えばお客様に安心感を与え、来店の不安を取り除くのに絶大な効果があるからです。

スタッフ紹介における重要ポイント
・笑顔の顔写真
・美容師としての経歴
・一言コメント

なぜこうした情報が必要なのかというと、人には他人に対して許容できる距離(パーソナルスペース)というものがあり、アメリカの文化人類学者エドワード・ホールによると個人差はあるもののおよそ以下の通りとされています。

パーソナルスペース
・密接距離(0~45cm)
 身体への接触ができるため知らない人が入ってくると強い恐怖や不安を感じる距離
・個体距離(45~120cm)
 親しい間柄の人との間で許容される、相手の表情が読み取れる距離
・社会距離(120~350cm)
 ビジネスなどで知らない相手と会話するのに適した、手の届かない安心感のある距離
・公共距離(350cm以上)
 講演などの相手との関係が個人ではなく公的である場合の距離

美容院では初対面で密接距離に入らねばなりませんので、これに慣れていないお客様は "相手がどういう人か" をとても気にします。こうした不安を取り除くためにも親近感のわくスタッフ紹介は集客をめざす上で欠かせない重要なコンテンツになります。

カットモデルの写真



実際にカットしたモデルの写真があると、お客様は完成形のイメージが沸いて来店を決め易くなります。お客様のイメージと違う写真の場合は逆効果ではないかという心配もあると思いますが、何もイメージができない事の方がお客様の立場からするとよほど心配です。ゆえに弊社ではできる限りカットのイメージが分かる写真の掲載をお勧めしています。

最寄りの駅や地名は必ずキーワードに設定する


お客様が美容院を検索する場合、「最寄り駅や地名+美容院」というキーワードがよく使われます。このキーワードで検索上位に表示されるようにすることは中長期的にみて非常に大切なWEB戦略となります。特に競合店舗のWEBマーケティングがまだ弱い地域であれば比較的簡単にこのポジションをとる事ができますので、ぜひ忘れずにトライしてみてください。

物販機能を付ける



物販機能はなるべく付けたいホームページの機能です。
主な理由には以下の2つがあります。


物販機能を付けるべき主な理由
・収入源を増やす事ができる
・店舗の強みを伝える事ができる

収入源を増やすというのは物販の最も分かり易く、外す事ができない大切な理由の1つです。しかしこれに力を入れすぎるのは本来提供すべきサービスの質の向上と直接紐づきませんのであまりお勧めはしていません。むしろ注目すべきは物販により店舗で強みとしているサービスが何なのかを伝えられるという点であると考えており、次の項目で更に詳しく説明します。

得意分野の記事を書く



前述の物販ラインナップに合わせる形で得意とする分野の記事を書くというのが6番目のポイントです。お客様の髪の悩みは性別を問わず多種多様であり、この悩みの解決が美容院には期待されていますが、実際に調べてみるとWEB上で髪の悩みの解決をうたっている美容院はごくわずかです。ここに需要と供給の大きなギャップがあると考えており、弊社でサポートさせて頂いている店舗様にも記事の執筆を積極的にお勧めしています。さらに記事だけでなく、物販ラインナップの中に解決に役立つ商品を置くことにより、記事の信憑性がグッと増し「試してみたい」という心理からお客様にご来店いただくきっかけにもなるとても重要なポイントだと考えています。

まとめ


独自のWEBマーケティングによる集客は一朝一夕で成り立つものではありませんが、だからこそなるべく早く始めるべきと思いますし、成立した際には競合に対する確かな差別化要素になります。実際に取り組む際はぜひこの6つのポイントを押さえて制作と運営をしてみていただければと思います。皆様のWEB集客のお役に立てば幸いです。

Komi's factoryでは独自のWEB集客を始めようと考えている店舗様のホームページを、制作から維持管理までお手頃な価格でサポートさせて頂きます。初めは知識がなくてももちろん大丈夫で、むしろやっていく中で徐々に完成形のイメージを作り、形にしていくのがベストと考えています。ぜひお気軽にお問合せください。